初音ミクの女体フィギュアなプラモデルを手に入れたので、組んでみた

初音ミクの女体フィギュアなプラモデルを手に入れたので、組んでみた。



フィギュアライズバスト 初音ミク 色分け済みプラモデル(Amazon)

以前にこのプラモデルシリーズの別のを入手して組んでみている。
女体フィギュアなプラモデルを手に入れたので、組んでみた

箱の大きさを比べると、初音ミクのほうが大きい。

箱の中身のパーツはこんな感じになっている。

説明書どおり、胴体から組み立てていく。

胴体部分を組んだところ。

前後の分割線が目立つのがちょっと残念かもしれない。

次に、頭部を組み立てる。

顔パーツ。多色の樹脂で一体成形されている。他のシリーズと違って眼球部分は別パーツでなく一体になってる。

頭部組み立て中。

ちょっと手順を飛ばして先に頭部と胴体を合体させてみた。スタンドも組み立てた。

腕パーツとツインテールのパーツも組み立てて、取りつけてみた。完成が近い感じ。

細かい色の部分にシールを貼る。本当は組み立て前に順番に貼るのだけど。

一応これで完成だ。
特に余分な手を入れずに素のままに組み立てた。パチ組みとか言うらしい。

以前に作った同シリーズのプラモデルと大きさを比べてみた。

初音ミクの方が大きい。
顔とか体のスケールとしては同じくらいなのだが、胴体の下の方まであるのと、ツインテールが大きい。


追記

フレームアームズガールというプラモデルのシリーズの初音ミクも出るらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

+ 24 = 26