ライスジュレでお好み焼きを作ってみた

ライスジュレでお好み焼きを作ってみた。

以前、ライスジュレのお好み焼きを食べに行ったことがある。自分でも作ってみようと思った。


ライスジュレ 白米ソフトタイプ 300g (クール便発送)(Amazon)

材料は、ライスジュレ(300g)と、卵3個、ほんだし顆粒、キャベツ、天かす、豚バラ肉で、トッピング用に鰹節と、お好み焼きソースとマヨネーズを使った。

ライスジュレは、そのままだと混ぜにくい。


少し水を加えると少し混ぜやすくなるが、ざらざらした感じがある。

水を加えず、あらかじめ電子レンジで1分くらい加熱してやると柔らかくなり、かなり混ぜやすくなり、できる生地もなめらかな感じになる。

卵を混ぜた。

さらに、天かすとキャベツを細かく切ったものを混ぜる。

パンケーキメーカーを使って焼いてみた。

パンケーキメーカーで両面をいっぺんに焼くと、簡単にお好み焼きができる。

マヨネーズとお好み焼きソースをかけて、かつお節をトッピングして完成。

生地がだいぶあるので、何枚か焼いてみた。


どうも小麦粉で作るときみたいに生地がしっかりとは固まらない。
しつこく焼くと表面はかりかりに近い感じになるのだけど、中はとろとろ状態というたこ焼きみたいな感じになってしまう。

フライパンで焼くというのも試してみたのだが、小麦粉のお好み焼きのようにしっかりと固まらないので、うまくひっくり返せない。

ひっくり返すときに崩れてしまった。

とりあえず、丸く成形しなおして焼いた。


フライパンで強めに焼いても、やはり生地がしっかり固まらないのは一緒のようだ。

味は小麦粉の粉ものと比べると、生地を焼いたようなふかっとした食感がなく、独特のパンっぽいような粉物の味はしない。
味は普通に美味しいのだが、焼きにくいのが難点か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

28 − = 21