名古屋から東京など上り方面に出掛けるのに、豊橋駅行きの終電を使った

名古屋から東京など上り方面に出掛けるのに、豊橋駅行きの終電を使うというのを試してみた。

青春18切符で、金山駅を0:01に出発し、豊橋駅に1:01に到着する。これが終電、つまり最終電車となる。

そして次の早朝の豊橋発の5:38の始発電車で京都に向かう。
そうすれば、名古屋始発で出掛けるよりも早く東京などに到着でき、費用も18切符の範囲内で済ませることができるので節約になる。

割とそういう利用している人は多いみたいだ。

問題は、終電から始発までの間の約5時間の待ち時間だ。

待ち時間をつぶそうと、豊橋駅の東口側に行ってみた。

東口を出た場所の陸橋の向こう側にサウナの看板が見える。

料金は1000円のようだ。

右手方向にカラオケ屋とマンガ喫茶がある。

マンガ喫茶に行ってみた。


料金は5時間で1280円だがちょっと長すぎる。
その半分の時間の150分というプランが780円なので、どこかで時間を少しつぶして調節してからここに来ようと思った。

もとの方向に戻り、反対方向に少し行くと、24時間営業の牛丼屋がやっている。

牛丼という気分でなかったのでやめておいた。

また素の方向に戻り、駅前近くの餃子の王将に入ってみた。

少量で安いメニューとしてミニラーメンなどをやっている。
ミニラーメンと春巻きを注文した。

ラストオーダーが2:00で、閉店が2:30だ。
ラーメンを食べた後まったりして2:15くらいまでここで過ごした。

さっきのマンガ喫茶に行ってみたのだが、ほぼ満室だった。喫煙のペア席しか空いてないらしい。
週末はどうやらこのマンガ喫茶は混雑しているようだ。

駅の西口の方面に行ってみることにした。

駅の西側は、あまり飲食店が無い。
すこし離れた場所にファミリーレストランがある。

デニーズ豊橋花田店と、ガスト豊橋橋良店だ。
ガストはもう1つあるのだが、ガスト豊橋花田店のほうは24時間営業では無い。

デニーズの方が少し近いのだが、ガストはドリンクバーとかがあるので、ガストに行ってみた。

大きな道沿いに歩いて行ったのだが、ガストの近くでは街頭が無くて歩道が暗くて困った。
懐中電灯を持ってくればよかったかもしれない。

ガスト豊橋橋良店に向かう途中にある精文館書店という本屋は2時まで店を開けているようなので、空いている時間があれば立ち寄って時間をつぶしてもよいかもしれない。

翌朝、ガストから駅まで近道で町中の道を通って最短に近い道のりで歩いた。時間は30分ちょっと掛かった。

徒歩30分はちょっと遠いのだが、料金はリーズナブルに朝まで過ごすことができた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

× 9 = 81