古いMacBookAirにWindows10が入らなかったのでmacOSを入れ直そうとしたが失敗してしまった

古いMacBookAirにWindows10が入らなかったのでmacOSを入れ直そうとしたが失敗してしまった。

古いMacBookAir(Late 2010)にWindows10をインストールして使おうと思ったが、うまくいかなかった
そのときにmacOS(High Sierra)をSSDから消してしまったので、再度まっさらな状態からmacOSをSSDにインストールすることにした。

macOSを消す前にUSBメモリを使ってインストーラーのメディアをあらかじめ作成しておいた。
しかし、インストーラー用のUSBメモリを使って起動し、macOSのインストールしようとしたら、メディアが破損していると表示された。

正しくインストーラーのUSBメモリが作成できていなかったようだ。

作成したインストーラーのテストは一応していたのだが、ディスクユーティリティを動かすところまでしか試していなくて、そこまでは動くので油断して、macOSのインストールを試していなかった。

macOSのインストーラーのUSBメモリを作り直すにはmacOSの入ったMacが必要なのだが、他にはMacを持っていないし、MacBookAirのmacOSは消してしまったので使えない。
詰んでしまった。


macOS復元でインターネット経由でmacOSインストールが可能らしい。
macOS 復元から macOS を再インストールする方法 – Apple サポート
電源を入れて、command+RやOption+command+Rというキーを押して起動することで復元モードに入ることができる。
あとで試してみる。


追記
macOS復元でmacOS X Lionまで戻ってしまったが、インストールができた。

MacBook Airのバッテリーが駄目になりかけているため、内蔵の時計が狂っていたため、最初はmacOS復元がうまく動かなかった。
時計について警告の表示くらい出してくれたらいいのに、と思った。


High SierraがUSBメモリからインストールできなかった原因もひょっとして時計のせいではないかと、再度試したらインストーラーがOSを入れるところまで動いてくれた。しかし、次のステップで再起動したあとにインストールメディアが正しくないみたいな表示で止まってしまった。

やはりUSBメモリが正しく作成できていなかったようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

25 − = 21