タバコの受動喫煙症で駄目だった名古屋高速の脇のファミレス(禁煙)を携帯式PM2.5センサーでチェックしてみた

タバコの受動喫煙症で駄目だった名古屋高速の脇のファミレス(禁煙)を携帯式PM2.5センサーでチェックしてみた。

携帯式PM2.5センサーを持って、再度同じファミレスに行ってきた。
測定値は25~35 μg/m3と、だいぶ高い。
禁煙なのになぜか、分煙のファミレスの禁煙側の席よりも高い感じだ。

同じく名古屋高速沿いにもう1店同じファミレスがあるので行ってみたが、そこでもやはり同じくらいの数値が出た。

店の入口のドアのすぐ外での計測値も同じくらいなので、外気と同じくらいの数値のようだ。
結局、名古屋高速の脇という場所に起因して排気ガスが多いのが原因のようだ。

2店のうち片方の店は平屋建てで、もう片方は2階建てで2Fが店舗になっている。
2Fの店の1Fに降りると計測値が20くらいまで下がった。
名古屋高速の高架の真下あたりの下の道路の間に行くと計測値が15くらいだ。
どうやら名古屋高速の高架の上の方が少しだけPM2.5の計測値が高いようだ。

ただ。平屋建てのほうの店も2階建ての店の2Fと同じくらいの計測値だった。こちらの店の計測値が1Fなのに高めな理由は不明だ。

あと、名古屋高速以外でも栄とかの交通量の多い道路の脇はPM2.5の値が30 μg/m3を超えるところが多い。
実際に受動喫煙症の自分がそのあたりを歩くと息苦しい感じを感じたり、胸(気管支とか)にちょっと傷みを感じたりする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.