階下からのタバコの煙への対策 2019 – その34

受動喫煙症を患ってしまっていて、タバコの煙以外にも反応して呼吸が苦しくなったりする化学物質過敏症のような症状が出ていて苦しい。

タバコの煙以外で何に反応して苦しくなるのか、いまいちよくわからない。とりあえず、かなり疑わしいものはいくつか挙げられる。

1つは車などの排気ガスだ。原付に乗って交通量の多い場所に行くとつらい。症状がひどいときには、交通量の多い道路のそばの歩道を歩くだけでも辛かったりする。
あと、自動車だけでなく、電車に乗ると苦しくなったりするのもディーゼル列車の排気ガスのせいだと思われる。地方のワンマン車両とかのディーゼル車とか、あるいは電車の区間でもディーゼルの貨物列車が通っていたりして排気ガスが残っているケースがあるのでつらいのだと思う。

もう1つは、消毒薬や洗剤などだ。飲食店で厨房スペースに近い席に居るときに症状が出ることがある。

あと、混雑した電車や大きなデパートなどがつらいことがある。これは原因がよくわからない。女性の香水がつらい場合があるので、香水とか整髪料の香料とかそういうものに反応してしまっているのではないかと思う。

対処方法が無いのが困る。外に出ないで引きこもるくらいしか方法が無い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

60 + = 64