WiiリモコンやJoyConをWindows10とBluetoothでペアリングして接続するためのソフト(ライブラリ)「tiny_bd_hid.dll」を公開する

WiiリモコンやJoyConをWindows10とBluetoothでペアリングして接続するためのソフト(ライブラリ)「tiny_bd_hid.dll」を公開する。

ここからダウンロードできる。

WiiリモコンなどのBluetooth HIDデバイスのペアリング処理と接続(HIDサービス起動)処理を簡単に行うためのライブラリとなっている。

これは前に書いたblogエントリで言及していたソフトだ。(なぜいまさらという話も前に書いた。)
前にそのblogエントリを書いたのは去年(2018年)の11月なのだが、その後の今回の公開までだいぶ遅くなってしまった。
久しぶりにWiiリモコンhackを弄っている – WiiリモコンとWindows PCのペアリング問題について


以下、README.txtの内容をそのままここに書いておく。

tiny_bt_hid.dll について

WiiリモコンなどのBluetooth HID機器をペアリングして接続するのに作った関数を
ライブラリ(DLL)化したものです。

ソースコードについて
srcフォルダーにソースコードがあります。
ソースコードとしては、tiny_bt_hid.cppというファイル1つだけです。
build_vs2019_x64.batというバッチファイルでVisualStudio2019のC/C++のCLI環境を使ってビルドします。

バイナリについて
bin(dll-lib)フォルダーに、ビルド済みのものがあります。
dllといっても、ちゃんとしたdllではないのでdllをロードするAPIなどには対応していません。
dllを呼び出すためのlib(tiny_bt_hid.lib)ファイルを使ってdllの中身を呼び出す形になっています。
呼び出し方はヘッダファイル(tiny_bt_hid.h)に定義しています。
これだけでは使い方が分からないですので、使用例のサンプルコードも用意しました。

サンプルコードについて
exampleフォルダーに一式を入れています。
HID機器を使うための自作のライブラリ(DLL)であるtiny_hid_dllも使っており、一緒に入れておきます。
ソースコードとしては、wii_remote_connect.cppとwii_remote_test.cppとうファイル2つだけです。
前者で、tiny_bt_hid.dllを使ってWiiリモコンのBluetoothペアリングと接続をします。
後者で、tiny_hid_dll.dllを使ってWiiリモコンのLEDを点灯させたり振動機能を短時間振動させたりしてます。
build_vs2019_x64.batというバッチファイルでVisualStudio2019のC/C++のCLI環境を使ってビルドします。

(一応ビルド済みのexeファイルも入れておきます。しかし、ネットからダウンロードしたzipファイル内の
実行ファイルは、Windows10のセキュリティ機能により あたかもウイルスかのような扱いで実行がブロック
されますので、ご注意ください、)

このサンプルコードでライブラリの関数の使い方は分かるのではないかと思います。
反響とかあるようなら、あとでblogで もう少し親切な使い方の記事を書いていきたいと思います。

1 thought on “WiiリモコンやJoyConをWindows10とBluetoothでペアリングして接続するためのソフト(ライブラリ)「tiny_bd_hid.dll」を公開する

  1. なな

    ここ一週間ほどWiiリモコンを接続する方法をあれこれ試して頭抱えていたのでソフトの公開本当にありがとうございます!
    もう少し機械オンチにもわかる解説をぜひお願いします

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

× 5 = 25