M5Stack用のバッテリーモジュールを手に入れた

M5Stack用のバッテリーモジュールを手に入れた。

Arduino ESP32コア開発キット用のM5Stackバッテリーモジュール容量700mAhのスタッカブルIoT開発ボード (Amazon)

ベースモジュールの代わりに取り付けて、電源として使うことができる。

そうすると底面がむき出しになるが、ここにさらにモジュールを積み重ねる形でスタックして拡張することができる。

標準のベースモジュールだと側面にのみコネクタが出ているので、横方向に部品を繋ぐことしかできないので、底面に何か拡張したい場合にどうしようか悩んでいた。IRカメラとかを底面に取り付けたいと考えていたからだ。

側面から「コの字」型にコネクタのピンが出ている部品を作れば、底面に何かを取り付けて固定することはできるのだが、外観的にちょっと見苦しくなってスマートでなくなってしまう。

しばらく悩んだのだが、バッテリーモジュールを使えば良さそうということに気が付いたので、今回 入手してみたのだった。


早速、底面側に拡張する自作モジュールを作って接続するのに使ってみた。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

46 + = 49