メタウォーター下水道科学館なごやに行ってきた

メタウォーター下水道科学館なごやに行ってきた。
(水族館に行ったメモ:シリーズ その213)

名古屋市上下水道局下水道科学館が2020年6月に「メタウォーター下水道科学館なごや」としてリニューアルオープンした。「メタウォーター下水道科学館あいち」と名前が紛らわしい。
近所なのでちょっと見に行ってきた。名古屋市科学館に行ったついでだ。
リニューアル前の2016年に来たことがあるので、今回は2回目の見学だ。

入り口から入って見学する。無料だ。

一番奧に水槽コーナーがある。木曽川のいきものたち。

上流、中流、下流という3つの水槽があるのは前と一緒だ。
前にあったキッズコーナーは無くなっている。水槽が見やすくなった。

上流水槽。
サワガニとシマヨシノボリだ。

前は上流水槽にはイワナとヤマメを展示していたのだが、飼いやすいものに交代させたようだ。

中流水槽。
オイカワとウグイだ。

前は中流水槽にはヨシノボリ、ウグイ、オイカワが展示されていたのだが、ヨシノボリは上流水槽に引っ越ししたらしい。

下流水槽。
タイリクバラタナゴとモロコだ。

前は下流水槽にはトビハゼとカニが干潟的に展示されていた。
モロコとタイリクバラタナゴを下流の魚と展示するのはちょっと違う気がする。

その他の展示。

一通り見学した。


日にちは少し遡るのだが、名古屋の水の歴史資料館という場所に行ってみた。

ここには特に水槽展示などは無かった。

名古屋の水道水「名水」を飲むことができる。

水の歴史資料館のパンフレット。メタウォーター下水道科学館なごやのパンフレットも配布されていた。



追記


メタウォーター下水道科学館なごやに行った後すぐ翌日に、岐阜にあるさぼう遊学館に行った。しかし水槽展示は無かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.