AndroidのKindleアプリで本を入れすぎたせいか、挙動がちょっとおかしい (勝手にダークモードに切り替わってしまう等)

AndroidのKindleアプリで本を入れすぎたせいか、挙動がちょっとおかしい。
勝手にダークモードに切り替わってしまう、本を最初に閲覧したときに本の詳細が表示されるという機能が勝手にOnに切り替わってしまう、という誤動作だ。

今確認してみたが、バージョンは8.37.0.100だ。本の数は4700冊だ。

dtab Compact d-10Jで動かしている。
最初は本体の内蔵ストレージにKindle本を保存する設定で使っていたのだが、すぐに一杯になってしまったので、microSDカード側に保存する設定にして、内蔵ストレージ側に保存していた本のデータは全部削除して使っていた。

しかし、Kindle本のデータをmicroSDカードに保存するようにしても、本体側も本の量に比例してある程度の容量を消費してしまう。
本が増えて、本体内蔵ストレージの容量が逼迫してしまったので、容量が大きい他のアプリを消して容量を確保した。Kindleアプリ専用機みたいになってしまった。

誤動作は本体内蔵ストレージが逼迫したときから発生していたような気がするので、その対処法として空きを作ったのだが、誤動作するのは直っていない。

単純にKindle本の数が多すぎると誤動作をするのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

− 3 = 5