大豆のお肉で作るチャプチェを作って食べてみた – 代用肉その42

大豆のお肉で作るチャプチェを作って食べてみた。

大豆肉を使ったチャプチェの素というのが売っていたので、買ってみた。

材料には動物性のものを使っていないので、ヴィーガン食品のようだ。


袋を開けると、フィレタイプの大豆のお肉の袋が出てくる。あとは春雨とタレだけだ。


作り方は、野菜を炒めてから水と春雨とタレを入れてしばらく煮るだけだ。


作ってみた。

できたては汁が残っていてジューシー感があり結構美味しい、肉多めなのがいい感じ。
大豆肉なので肉の味が強く無いので、ちょっとあっさりめなのだが、タレの味が強くてわりと誤魔化される。

半量をちょっと冷ましてから食べた。冷めると大豆肉の味が無いのがちょっと寂しいと感じた。
肉に絡んでいた汁が春雨に吸われてしまったから大豆肉の味の補強が取れてしまったのだろう。

本来はチャプチェは冷めてからも美味しいおかずだ。汁が春雨に吸われて、出来たての汁があるときとはまた違った味わいで味わえる。これで冷めてからも美味しければ弁当向きな感じ。スーパーのお弁当とかの添え物でこんな春雨が入っていたりしたのを思い出した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

× 3 = 21