名古屋の大阪王将に行ってきた (餃子と春巻を食べた)

名古屋の大阪王将に行ってきた。

最近、池下駅の近くに名古屋で2店目の大阪王将が開店した。千種区役所のすぐそばだ。
わりと近所なので、さっそく行ってみることにした。

町中華っぽい店構えだ。

「餃子の王将」と似たような名前でちょっと紛らわしい。
大阪王将は餃子の王将から暖簾分けして親族が大阪で始めたチェーン店で、独自に進化して別物になっているということだ。
大阪王将 – Wikipedia
餃子の王将 大阪王将 違い – Google 検索

焼き餃子を2人前と春巻とライス小を注文した。

餃子とライスが先に出てきたので、熱いうちに食べ始めた。皮がぱりっとして美味しい。
最近になって冷凍食品の大阪王将餃子を売っているのをよく見かけるのだが、そちらは羽根付き餃子だ。それと比べると大阪王将の店の餃子は羽根が無い。

春巻は、食べやすいようにあらかじめカットをして貰うように頼んだ。
(春巻は、丸のままで囓って食べるのは中華料理店ではマナー違反らしい。自分は最近まで知らなかった。)

春巻は半分にカットされて出てきたのだが、まだちょっと大きめで一口で食べるには食べにくい。


あらかじめカットするとしたら、どのようにカットするのが正解なのだろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

25 − 23 =