豊田市の明治用水頭首工に行ってみた

豊田市の明治用水頭首工に行ってみた。

最近、明治用水の水源の堰の水漏れが問題になっていた場所だ。豊田市に出かけたついでに立ち寄ってみた。

堰の上流をせき止める工事をしているようだった。朝方はパワーショベルは動いていなかったが、昼近くにまた通りかかって見たときにはパワーショベルは川の真ん中のほうに移動して作業をしていた。このパワーショベルは川の中に入っていける機種なようだ。

堰の近くと、水源公園のあたりに行ってみた。

堰の下流側を見てみたが、水が漏れているとかは見てもよく分からなかった。

上流側は、堰の上流側をせき止めて、ポンプで水をくみ上げている。そのおかげで水源公園は閉鎖中になっているみたいだ。

上流側はもともと川のながれを分岐される構造になっている。仕切りは右岸側に近い。

ポンプで水をくみ上げ中で、太いホースが沢山並んでいる。

ホースは道路の下を通って水源公園のほうに行っている。

ちょっと上流に行ってみた。こんな感じにせき止めている。完全にせき止めているわけではないのだが、水漏れの場所への水量を減らすための対症療法なのだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

+ 41 = 44