iPhone 5sのバッテリーを交換した

iPhone 5sのバッテリーを交換した。

どうもiPhone 5sのバッテリーのもちが悪い気がする。交換キットが安く売っているので試してみる。
このあいだiPod touch 5Gのバッテリーを自分で交換しようと失敗してたりする
iPod touch 5Gに比べたら、iPhone 5sのバッテリー交換は容易みたいなので、懲りずにやってみた。
rimg0002
BIG HEART Apple iPhone交換用 互換バッテリー (iphone5s/5c)(Amazon)

ネットで分解手順を調べてそのとおりに分解していく。
rimg0003
rimg0004
rimg0005
rimg0006
rimg0009

rimg0010
バッテリーを固定している両面テープは、簡単に横から引っ張って剥がす仕組みが使われている。配管の漏れ防止に使うシールテープと似たような感じのテープの両面テープ版だ。

引っ張ったのだが、途中で切れてしまった。
半分くらいは両面テープが剥がれているので、バッテリーを持ち上げて隙間から切れてしまったテープの端を先の細いペンチでつまんで引っ張って、今度は最後まで表面テープを除去することができた。
rimg0011

あとは、代わりのバッテリーを新しい両面テープで貼って固定して、再度組み立てる。
rimg0013
rimg0014
rimg0017

無事バッテリー交換できた。
rimg0018

とりあえず一度全部バッテリーを全部使い切って稼働時間を確かめてみている。
(満タン充電と放電を3回くらい繰り返す予定)

しかし、どうもバッテリーの容量が回復したという実感がない。

そもそも、ハマグリになったわけでは無いし稼働時間もiPadと比べると短いのが気になるという感じで、本当に交換の必要があったのかちょっと疑問だったりする。

非純正のバッテリーの容量詐称も怖い。
もし容量が少ないバッテリーに交換してしまったのだったら嫌だなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

× 2 = 14