超音波洗浄機で酒に超音波をあててみる – その6 – ホーリーバジルのハーブ酒を作ってみる

超音波洗浄機で酒に超音波をあててみるシリーズ

室内で水耕栽培で育っているホーリーバジルを使ってハーブ酒を作ってみることにした。

ホーリーバジルが水耕栽培キットの上まで伸びてきたので、剪定して先端部分を切り取って収穫した。

葉の部分を茎から毟って、焼酎に漬けた。あと、ザラメ糖も入れている。

超音波洗浄機で超音波を当ててエキスが出るのを促進させる。

超音波洗浄機で超音波を3日間当ててみた。(間欠動作させているので、超音波を当てた正味の時間は18時間程度)

酒に葉っぱの色が出てきている。

ロックで味見をしてみた。

バジルの親戚のハーブなのに、香りはなんかミントっぽい。収穫で葉っぱを触ったときにはシソの香りがしていたのだけど、酒にするとシソの香りは全然しない。
味もやはりミントっぽい。というか、グリーンガムのようなさわやか系の味だ。

薬草酒なので毎日少しずつ飲むのがよいのだろうけど、つい全部飲んでしまった。
ホーリーハーブはまだまだ成長するので、また収穫してハーブ酒にしようと思う。
茎や根を使って酒を作るのもいいらしいので、いずれ試してみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

× 5 = 20