フリーズドライの大豆肉を使ったインスタントのスキヤキ牛めしというのを食べてみた

フリーズドライの大豆肉を使ったインスタントのスキヤキ牛めしというのを食べてみた。

大豆ビーフと呼ばれる大豆肉で、原料に牛肉は使われていない。(動物油脂の牛,豚は使われている)
すごくソイレント感がある。

フタをあけてお湯を注ぐ。

5分間待ち、最後に割り下を入れてかき混ぜて完成。

牛めしというよりは、おじやのような状態だ。
大豆ビーフはなんとなく牛肉っぽい。
美味しく食べられた。

先日、フリーズドライの牛とじ丼を食べたのだが、フリーズドライの牛肉は短時間ではうまく柔らかくならないみたいで食感がいまいちだった。

なので、インスタント食品の肉は、本物の肉ではなくて合成肉のほうが美味しく食べられるものなのかもしれない。(特に牛肉は)

謎肉と呼ばれるダイスミンチというのもあるが、最近その正体が話題になっている。
豚肉と大豆タンパクから出来ている「合成肉」で、「近未来ハイブリッドミート」とも呼ばれているらしい。
カップヌードル「謎肉」は大豆と豚肉 日清食品が初公表  :日本経済新聞
カップヌードルの「謎肉」、その正体は○○だった。発売46周年で告白

日清食品が謎肉の正体を明かしたのは、次の世代の肉を原料に使わないタイプの大豆肉への布石ではないだろうか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

4 + 3 =