兵庫県のマリンピア神戸さかなの学校(神戸市立水産体験学習館)に行ってきた

兵庫県のマリンピア神戸さかなの学校(神戸市立水産体験学習館)に行ってきた。
(水族館に行ったメモ:シリーズ その146)

兵庫県の垂水にある水産体験学習館だ。
三井アウトレットパークマリンピア神戸という大きなショッピングモールがあり、さかなの学校の建物はここに隣接していて、ショッピングモールの一部みたいに見える。

名古屋から青春18きっぷを使った日帰り旅行で行ってきた。
JRで垂水駅に行く。神戸駅よりも少し先で、須磨海浜水族館の最寄り駅の須磨海浜公園駅よりも先だ。

垂水駅の西口から降りると、マリンピア神戸への無料バスの案内看板がある。

垂水駅の西口の線路の北側の道路沿い西方向に無料バスの乗り場がある。

無料バスですぐに三井アウトレットパークに到着。

ショッピングセンターの案内図。

メインストリートっぽい場所を歩いて、中心部に行き、西方向の海が見える方向に行けばよいようだ。


到着。


塩づくりや乾のり作りの体験などができるというのがこの水産体験学習館の売りらしい。

見学する。

入り口すぐの場所に水槽がある。

円筒の水槽は垂水の海水魚の水槽だ。




もう1つの四角い水槽は、淡水魚の水槽になっている。


パネル展示。

おさかなつりコーナー。生きた魚でなくておもちゃ釣りのコーナーだった。

売店コーナー。

奥は図書コーナーとかテーブルや水槽が置いてあるスペースになっている。

水槽。
ニホンウナギ水槽が2つ。

クルマエビ。

ヒラメ。

イセエビ。

オニオコゼ。

カニ、ヤドカリなど。

パネル展示。


校歌。

海岸側への出口は閉まっていて出入り禁止だった。

外から回って見に行った。
海のすぐ先に明石大橋が見える。

体験学習館の外、たぶん海苔作り体験のための道具らしきものが置いてある。

すぐ近くに塩作り体験のための施設もある。

ひととおり見学した。

垂水漁港が近いので魚を売っている魚市場がこのショッピングモール内にあるのかと思ったら、無かった。
ブランド系のショップばかりだ。
飲食店も、魚が食べられる店は全然無い。1つ回転寿司の店があったが北陸の名前のチェーン店だ。

屋台のコーナーも、あまり地元感がない。

軽く散歩しただけで、また無料バスで駅に戻り、また電車で名古屋に帰った。


追記

神戸といえば、神戸港に2021年度に新しい水族館ができるらしい。
神戸港に水族館誕生へ 巨大水槽、クラシックカー博物館も – 産経WEST
須磨水族館も2022年度に全面リニューアルするらしい。
神戸新聞NEXT|社会|須磨水族園 全面建て替え完全民営化へ 神戸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

3 × 2 =