ジンギスカン用のアルミプレートをキャンプ用バーナーで使ってみる

ジンギスカン用のアルミプレートをキャンプ用バーナーで使ってみる。


だいぶ昔にジンギスカン用のプレートを買っていたのだが、一度使ったきりで仕舞ってあった。最近、キャンプやBBQに使う機器を整理していて出てきたので、ちょっと使ってみる。

ラム肉を買ってきて、ジンギスカン鍋を作ってみる。

シングルバーナーの火をプレートの真ん中に当てて加熱する。

加熱した中央部分にラム肉を乗せて焼いていく。

焼けたラム肉から漬けダレと脂が溢れて、プレートの周辺へ落ちていく。
周辺部分に野菜を乗せて、脂とタレで野菜も焼いていく。

焼いたラム肉や野菜は、焼肉のタレとリンゴジュースを半々の割合で混ぜたつけダレで食べる。

プレート中央のラム肉はよく焼けるのだが、周辺の野菜が全然焼けない。
シングルバーナーではなく、もっと広範囲を加熱できるタイプのキャンプ用バーナーが必要なのかもしれない。

肉を食べたあとに空いた中央部分のすきまで野菜も焼いて食べていく。
周囲にだいぶ脂とタレが溜まっており、野菜をタレにつけて焼く。

ラム肉1人前と野菜を焼いて食べ終えた。

シメにキャベツと太めの中華麺の蒸し麺を入れて焼けば伊那名物のローメンという麺料理になりそうだ。
今回はキャベツや麺を買ってなかったのでやめておいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

4 × = 32