伊那Cafeで伊那名物のローメンを食べてみた

伊那Cafeで伊那名物のローメンを食べてみた。(あと、ソースカツ丼も)

場所は、新栄にあるので、地下鉄の新栄町から歩いて行った。地下鉄の矢場町からのほうが近かったようだ。

ローメンというのは伊那の名物で、焼きそばのような麺料理だ。
ローメン – Wikipedia
ケンミンSHOW 》伊那市名物ローメンが美味すぎると話題に!人気店・レシピ・作り方は!?
伊那のソウルフード「ローメン」 – ライフスタイル・オブ・信州 銀座NAGANO しあわせ信州シェアスペース
元は、伊那の地元の食材のマトン肉とキャベツを使った料理として考案された麺料理で、マトン肉で作った焼きそばをラーメンのスープに半分浸したような料理が原型らしい。今ではスープが無い焼きそばタイプもある。

伊那Cafeのローメンは、スープ(ソース?)が少なめで皿の底のほうが少しだけ浸かっている感じだ。
基本的には太麺の焼きそばなのだが、マトン肉が独特の風味を主張している。
一味と七味と酢が添えられて、お好みで味を調節して食べる。

メニューに載っている伊那ソースカツ丼も気になったので、持ち帰りの弁当で注文した。

鶴舞公園(つるまこうえん)まで歩いて散歩して、公園でソースかつ丼を食べた。

ヒレ肉のカツを使ったちょっとあっさり風味のソースかつ丼だ。

去年、駒ヶ根の近くに出掛けたときに明治亭という店でソースかつ丼を食べたのだが、やはり甘辛系のあっさり風味だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

6 × = 24