たこ焼き器を使ってベビーカステラと、メガベビーカステラを作ってみた

たこ焼き器を使ってベビーカステラと、メガベビーカステラを作ってみた。


D-STYLIST 直径8.5cmのビッグたこ焼き職人 たこ焼き器/たこ焼き機 フッ素樹脂加工 ボム たこ焼き器 プレート(Amazon)

たこ焼き器を使って、ベビーカステラを作ることができるらしい
あまり使って無かったたこ焼き器を引っ張り出して、使ってみることにした。

ホットケーキミックスをベースにして、生地を作る。

たこ焼き器を加熱し、生地を注ぐ。

焼きながらひっくり返して、丸く成形すれば完成だ。

ちょっと温度が高すぎるみたいだが、設定機能が無いので温度を下げることができない。
分解してみたけど、サーモスタットのような部品で温度調節をしている回路だった。任意の温度の代わりの部品を買うのは難しいので回路をいじって調節はできなさそうだ。

短時間で焼き上げるために、半球を2個くっつけて焼くというのも試してみた。

思ったよりも生地が膨らんでしまうので、合体させたものがきれいな球にならない。

味は、屋台で売っているベビーカステラに近い感じだ。

普通のサイズのたこ焼き器の他に、巨大なたこ焼きを焼くためのメガたこ焼き器というのを試してみた。

生地を半球より少し少なめに注いだ。

少し固まってきたので、合体させた。

ひっくり返しながら成形し、焼いていく。

時々串を刺して、中まで焼けたかチェックしながら焼いた。なかなか中まで火が通らないで、生地のままの状態が長く続いてやきもきする。

中まで火が通ったときには、外側はだいぶ堅くなるまで火が通ってしまった。

ベビーカステラというよりは、ドーナツっぽい食感だった。これはこれで美味しく食べられる。
大きいカステラ生地を焼くのは難しいようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

× 7 = 56