退職後、病院通いとフィットネス

退職前の会社員生活で不摂生な生活をしていたのでずいぶんと太ってしまった。

就職する前に大学生の時にアマチュア無線の免許を取っているのだけど、免許の写真をみると年齢以上に痩せていて完全に別人だ。
大学時代から運動をしなくなって体重が増加傾向にはあったのだけど、就職してサラリーマン生活するようになってから特にひどくなったようだ。
食生活がほとんど外食というのが駄目だったのではないかと、手遅れだけど今になって反省している。最初は会社の仕事も忙しくなくて少しは自炊していたのだけど、職場が独裁国家のようになって異常に残業させられるようになってからは全然自炊ができなくなった。
結局それは会社を辞めるしばらく前まで続いた。

運動不足のせいか、平らな道路の微妙な凹凸につまずいただけで転んでしまったとき、やばいと思った。
三十代半ばの頃だった。たまたまそのとき職場で少し別の事務所の出先で働くことになり、その出先の近くに空手道場を見つけたので、そこに通うことにしたのだった。5年くらい続けてペーパーに近いのだけど黒帯を貰うことができて、体重も少し減少し、体力と特に足腰が少し改善することができた。

空手は続けたかったが、胆石による胆嚢炎を煩ってしまって手術で腹を切って胆嚢を除去するというので入院してしまい、そのあと切った腹が痛むので空手を一時的にやめることにした。
その後、急に四十肩で肩に激痛が出るようになってしまい、空手に復帰するのは断念している。そして肩の治療をずっと続けていて、退職した今も通院している。

空手をやっていて減少した体重も、職場がまた元のところに戻ってからストレスのせいか急にまた増加してしまった。リバウンドしたというのもあるのかもしれない。
そしてついに退職する1年前くらいから糖尿病という診断される病気になってしまった。
とりあえずは血糖値を下げる薬を飲む程度なのだけど、医者からは体質改善、つまり痩せるというのを強く言われた。

その医者からフィットネススタジオを紹介され、そこに通っている。
体力測定と運動指導と栄養指導をしてくれて、病院の建物に併設されており医者とタイアップで検査もしてくれるというのが気に入っている。
先月末に、退職してからは通う回数を少し増やしている。
次に働く前に健康を取り戻したい。

(追記 退職してから自炊を始めた。退職前は外食ほぼ100%だったのが、自炊ほぼ100%になった。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

10 × 1 =