Raspberry Pi Zero Wを純正ケースに入れてカメラを取り付けてみた

Raspberry Pi Zero Wを純正ケースに入れてカメラを取り付けてみた。

カメラは、互換品だ。
Raspberry Pi用のカメラを手に入れた

Pi ZeroでないRaspberry Pi用に使うために、追加でケース無しの基板のみの同じカメラ(699円)を購入した。

純正ケースには、カメラ穴があるフタと、カメラ穴が無いフタがあるので、穴のあるほうを使う。

フタの穴部分にカメラのレンズ部分を出すようにフタの内側に基板を取り付ける。カメラ基板の4すみに取付用の穴があり、ケース側にも突起が出ていて押し込んで嵌まるようになっている。

無事、カメラを固定してケースに収納できた。

Rasperry Pi Zero Wなので、無線が使えるので、WiFiカメラみたいな使い方で使うのがよいのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

2 × = 14