名古屋のシェアサイクル「チャリチャリ」を使ってみた

名古屋のシェアサイクル「チャリチャリ」を使ってみた。

1分で4円ということで料金が安いというのが特徴だ。
“1分4円”のシェアサイクル「Charichari」…市内に15か所の駐輪場 出発地と違う場所に返却もOK!

利用できるエリアは、名駅東側、名古屋城、栄、大須、のあたりだ。

スマートフォンのアプリを起動すると、エリア内のポートと、そこの自転車の台数が表示される。

借りて、使ってみた。
ポートに行き、アプリで「鍵を開ける」をタップすると、QRコード読み取りを促されるので、サドルの後ろの黒い箱のQRコードを読み取る。認証され、問題がなければ自転車のロックが外れて利用可能となる。

エリアの東端のあたりから、名古屋駅のすぐ近くのポートまで行き、返却した。

返却はポートに到着して、自転車のロックを手動でロックすると、自動で処理される。
ポートに空きが無いと、そのポートで返却ができない。これは厳しい制限だ。
きちんと返却しないと、乗り捨て扱いになるらしい。乗り捨ての料金が高いみたいなので、できれば乗り捨てしたくは無い。

料金は後払いで、請求されるようだ。コンビニ払いらしい。
クレジットカードを登録して自動決済にもできるようだが、自分はクレジットカード登録をまだしていない状態だ。

24時間利用できるのがありがたい。

地下鉄が動いていない時間に名古屋駅まで移動して、名古屋駅で始発電車に乗ることができた。


以前に、「でらちゃり」というのを利用してみたことがあるのだが、利用可能な時間の制限が厳しいのと、エリアが狭いのと、ポートの数が少ないとかで、あまり使い出がない感じだった。

それに比べると「チャリチャリ」はエリアが広いしポートも多く24時間使えて料金も安い。



追記。


今回レンタサイクルに乗っているときに、別のサービスも見かけた。名鉄協商のカリテコバイクというサービスだ。
試しに、今度そちらも利用してみようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.