電動自転車PASワゴンを街の無料駐輪場に駐輪して、しばらく放置してしまったら、放置自転車回収されてた

電動自転車PASワゴンを街の無料駐輪場に駐輪して、しばらく放置してしまったら、放置自転車回収されてた。

前に一度、街中で運悪く一晩で放置自転車回収に遭ってしまったことがある

今回は、3月下旬に名古屋高速のところにある無料駐輪場に駐輪したあと、しばらく引きこもりに近い状態で自転車に乗る用事がなくて駐輪場まで行かなくて放置してしまった。

4月下旬に自転車が無くなっているのに気がついた。放置自転車回収に遭ったようだ。

前回のように連絡先の紙が地面に貼ってあったりしなかったので、どこで自転車を取り戻せるのかわからない。

ハガキが来ていたのに後で気がついた。

新守山保管場所という場所に保管されているそうだ。
取りに行った。

3500円を支払って、自転車を取り戻した。


4/1に警告の札が自転車に取り付けられた。
その後、4/13に札が付いたままの自転車を撤去。
ということだそうだ。

2週間放置すると撤去される場合があるというのだが、2週間経過せずに撤去されてしまっている。

とはいえ、自分が気づいたのは4/20頃なので、どのみち撤去されてしまっただろう。

名古屋では、コロナ対策でまん延防止が出ている。
3月末あたりはまだ発令されていないのだが、感染者が増えているので自主的に、不要不急の外出を控えるようにしていた。

それを狙われてしまった感じだ。

自転車ラックに地球ロックしていたのだが、ワイヤーロックも切断されてしまった。

いっそ切断や破壊不能な超頑丈なチェーンでロックすべきだろう。
ウルトラロボットアームとか。重機でもないと破壊できないらしい。


追記

自転車を取り戻したすぐ翌日、街で放置自転車撤去を見かけた。

駐輪場でない場所の放置自転車の場合はまあ納得できるのだが、自転車置き場で放置自転車狩りをするのはちょっと納得できないものがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

5 × 7 =