化学物質過敏症を患っているせいで、車用の芳香剤で強烈に胸の痛みを感じた

化学物質過敏症を患っているせいで、車用の芳香剤で強烈に胸の痛みを感じた。
(自分は以前からタバコによる受動喫煙症から化学物質過敏症を患ってしまっている。)

道路を原付で走行していて、前を走っている車から強い芳香剤の臭いがして強烈に胸の痛みが生じた。
普通に道路を走っていて他の車の芳香剤の臭いを強く感じることは、いままでほぼ無かったのだが、そのとき遭遇した車が特別に強く芳香剤を効かせていたのだと思う。

健康な人ならば、強い芳香剤の臭いがする空気の中でも気持ち悪くなるくらいがせいぜいで、胸に痛みが生じることはないのだろうが、化学物質過敏症を患っていると痛みまで生じるし、重症の場合には昏倒まであるという。

この症状の発生原因となる芳香剤の成分の化学物質は何なのだろうか、再現実験をして調べてみようと、車用の芳香剤を1つ買ってみた。

開封する前から漏れてくる臭いだけで気持ちが悪くなった。
部屋で開封するのは無理そうだ。

芳香剤に含まれる物質については細かくは載っていないので、成分は不明だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

45 + = 52