Xbox Game PassのクラウドゲーミングをAndroidタブレット機で試してみた

Xbox Game PassのクラウドゲーミングをAndroidタブレット機で試してみた。

これもXbox Game Pass Ultimateに含まれるサービスだ。まだBetaの段階らしい。TECLAST M40SEというAndroidタブレット機で試した。

AndroidのアプリストアでXboxで検索をすると、XboxアプリとXbox Game Passアプリの2つが見つかる。
Xbox Game Passを試す場合は、Xbox Game Passアプリをインストールする。
(Xboxアプリのほうは、自分の持っているXboxOneやXbox Series S/Xを遠隔でリモートデスクトップみたいな形で遊ぶのに使う。)

iPadについても試してみたのだが、同様に2つのアプリがある。しかし、Xbox Game Passでのクラウドゲーミングはまだ未対応だった。(2021年12月14日現在)
Safariブラウザを使ってブラウザ上でのみ動かせるらしい(?)

ちなみにWindows PCの場合にはアプリは1つに統合されている



ゲームを動かしてみた。Serious Sam 4というゲームだ。本来は、Xbox Series X/S専用ゲームなのだが、クラウドゲーミングでも遊べる。

コントローラーが必要となる。今回はDual Shock4を使った。

画面がちょっと遅延するのだが、まあまあ遊ぶことができた。
最初のステージをクリアした。

実績も少しだけ解除。
XboxOne上で確認したところ、ちゃんと実績が取れていた。

ゲームの種類によっては、外付けのコントローラーが不要で、画面上に表示される仮想コントローラーで操作して遊ぶことができる。
仮想コントローラーのボタン配置はゲーム毎に違っていて、それぞれ親切な配置になっている。ただし、操作をするとき指で画面が隠れてしまうため、少し遊びにくい。
ごく少数のゲームについてはタッチパネルで遊べるようになっているらしい。(あとで確認してみる。)



家の光回線+WiFi環境では遊ぶことができたので、次は外の公衆WiFi回線も試してみた。

名古屋の大須のマクドナルドのWiFiで試してみた。コントローラーを持っていくのを忘れたので、仮想コントローラーで遊べるHADESを起動してみた。ちゃんと遊ぶことができた。


Xboxアプリを使ったリモートプレイについてはコントローラーを持っていくのを忘れたので、外からできるのか試せなかった。

家の中では問題なく動いた。


クラウドプレイは、Androidのスマホやタブレット機でXboxのゲームを遊ぶことできて、まるで携帯ゲーム機みたいに使うことができる。

Androidスマホ+スマホ用の合体式のゲームコントローラーの組み合わせを試してみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

83 + = 89