PS Vita(PCH-2000)の中古品でアナログスティックが壊れている品物を入手したので、分解してスティック部品を交換修理してみた

PS Vita(PCH-2000)の中古品でアナログスティックが壊れている品物を入手したので、分解してスティック部品を交換修理してみた。

中古のPS Vita(PCH-2000)を入手した。

スティックが故障している以外にも、本体下側左右のストラップを付ける穴状のパーツが欠けてしまっていた。そのままだとちょっと見苦しいのと、断面が手に当たると痛そうなので、エポキシパテで埋めて補修した。


Aliexpressで交換用のアナログスティック部品を購入した。
(日本のAmazonでも売っていたのだが、Aliexpressのほうが安かった。)

スティックの先端の指をあてる部分の形状が、元の部品とはちょっと違っている。

気にせず交換する。


分解した。
普通にネジを外して、ツメが引っかかっている部分を外すとこのように分離する。
作業前にまずバッテリーを取り外した。


壊れている側のスティック部品を固定しているネジを外して、交換部品に取り替えた。

再度、組み立てて動作確認をした。

無事動作し、修理は完了した。



あと、ついでにVita用ゲームカードスロット用のmicroSDカードアダプタというのも買ってみた。

専用のメモリーカードスロット側ではなくて、ゲーム用のカードスロットに挿す品物だ。
だが、そのままmicroSDカードにバックアップしたゲームのデータを入れて起動できるわけではなくて、CFW(カスタムファームウェア)で改造したVitaでゲーム用スロットをメモリーカードと同様なストレージとして強引に使用するというhackで利用するための品物らしい。

PS Vita(PCH-2000)にCFWを入れてみようか、あるいは元々持っていた初代PS VitaのほうにCFWをいれてみようかと考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

7 + 3 =