レトロフリークをWindows PCに繋ぐとどうなるのか

レトロフリークをWindows PCに繋ぐとどうなるのか?
Rimg0002
レトロフリーク (レトロゲーム互換機) 【Amazon限定 コントローラー +1個、オリジナルカラー】(Amazon)

レトロフリークは、CPU本体側とROMカードリッジ読み出しパーツ(Bパーツ)とに分離する。
上記の写真のように読み出しパーツ側のUSBコネクタにUSB延長ケーブルを繋ぐことで、PCなどに接続をすることができるのではないかと思い、試してみた。

写真の右側のUSBコネクタはUSBハブになっていた。

写真の左側のUSBコネクタを繋いだところ、RetroFreak PCB-Bというデバイスが現れた。
Image1
ドライバが見つからず、使うことはできない。

他のWindowsPCなどに挿していたときに一度だけcdc_serialというデバイス名で認識された。
ひょっとするとこのデバイスは、CDC(Communication Device Class)のシリアルデバイスなのかもしれない。
infファイルをうまく作ってやれば汎用のCDCシリアル用のドライバを適用させることができるのかも。

ちなみにVIDとPIDは、このようになっている。(既存のinfファイルのVIDとPIDを書き換えるだけでいけるか?)
Image2

レトロフリークの分解の写真とかも出ている。
レトロフリークの吸出し基板。ヌヴォトンのARMマイコンが載ってた。型番はNUC220VE3AN。
吸い出し機側は、ARMマイコンらしい。
FTDIみたいなUSB-serial用ICを使ってないので、ARMマイコンでCDCシリアルデバイスのソフトを動かしているのだと思われる。

レトロフリークの本体側はAndroidになっているらしい。
AndroidからCDCシリアルデバイスにアクセスするのは割と簡単なのだとか。

参考
橋本商会 AndroidのUSBホスト機能でArduinoとシリアル通信する

レトロフリークの固有のシリアル番号のようなものはCPU本体側が持っているはずで、おそらく読み出しパーツ側(Bパーツ側)は、汎用の読み出し機として動作していると思う。

Windows PCなどから読み出しパーツ側を制御することができれば、ゲームROM吸い出し機として使えそうな気がする。
レトロフリークのソースコードが全部公開されていれば簡単に調べられそうだが、公開されているのは全部というわけではないみたいなのでhackは難しいかもしれない。


追記
Twitterで質問があったので調べてみた。
>「突然すみません。質問なのですが、デバイスのプロパティで互換性IDを見るとどうなっていますか? それでCDCデバイスかどうかがわかるはずです。」

Image1
互換性IDを見ると、やはりCDC serialのようだ。

参考
USB シリアル ドライバー (Usbser.sys)

1 thought on “レトロフリークをWindows PCに繋ぐとどうなるのか

  1. KJ

    実践されてる方がいるみたいです
    ttp://sankichi.backdrop.jp/rf-ultracoremd.html

    返信

KJ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.