投稿者「kako」のアーカイブ

Galaxy S6の調子が悪く、使っていると数分でフリーズすることが多く、再起動の途中にフリーズすることもあるので、修理に出してみる

Galaxy S6の調子が悪く、使っていると数分でフリーズすることが多く、再起動の途中にフリーズすることもあるので、修理に出してみる。

ドコモ版を白ロムの中古としてだいぶ前に購入してGear VRと組み合わせてVRアプリを動かしてみるのに使っていた。
しかし、どうもGearVRで使っているとすぐに加熱してアプリが動かなくなってしまうので、VRで使うのはすぐにあきらめてしまった。

そのあとは普通に格安SIMを入れて、通話+SNS+カメラで撮影するという用途で使っていた。特に旅行でカメラを使って写真をだいぶ撮った。
最初は問題なかったのだが、1か月くらい使っていると、カメラでの撮影中にフリーズしてしまうということがあった。
電源長押しで再起動させたりして使っていたが、、徐々にフリーズすることが増えていった。

さらに、スタンバイ状態で充電している最中にフリーズしてしまうというのも発生するようになった。
電源長押しで再起動させられないこともあり、電源+音量ボタンを同時に長押しすると電源を入れなおしできた。

さらに症状が悪化し、再起動の途中でフリーズしてしまうというのも発生するようになった。

さすがに使い物にならないので、SIMを抜いて電源も入れずに最近まで放置していた。
続きを読む

ギークバーの最終回(?)と生ハムナイトに行ってきた

ギークバーの最終回(?)と生ハムナイトに行ってきた。


生ハムナイト@名古屋ギークバー – 名古屋ギークバー Doorkeeper
しかし、生ハムナイトに行く途中に、家の鍵とか車の鍵をセットしてあるキーホルダーを落としてしまったらしく、参加を断念して鍵を探しに来た道を戻ることになってしまった。
ギークバーの近くには来ていたので、そういう理由で一旦帰るという話をした。
そのあとだいぶ歩き回ったり途中で立ち寄った店に落とし物が届いてないか聞いてみたりしたが、見つからなかった。
すぐに見つかったら生ハムナイトに駆けつけることになっていたのだが、結局行けなかった。残念。


結局、欠席になってしまったが、そのせいで赤字になっていたりしないだろうか、ちょっと心配だ。
(通常の参加費に加えて、生ハム代を徴収していたから)
続きを読む

階下からのタバコの煙への対策 2019 – その10

今週も直接の対策は無し。
タバコ被害のある今の部屋を一旦は住むのをあきらめて、別の場所に住みながら元の部屋に通いながら対策をするつもりだ。

そのため、新しい部屋の準備をしている。
電気、ガス、水道や電話やネットなどのインフラを2か所で二重に負担が掛かるとちょっと痛い。
電話はフレッツ光のオプションの光でんわを契約していたのだが、これを機に解約した。
とりあえず新しい部屋のガスはまだ契約していない。
新しい部屋の1つ下の階の斜め下の部屋の玄関の前が非常にタバコ臭いので、ヘビースモーカーが住んでいるっぽい。
直接下の階ではないので自分の部屋にタバコの煙の影響は無いようだ。
よかった。

奈良県の奈良祭都・金魚ミュージアムに行ってきた

奈良県の奈良祭都・金魚ミュージアムに行ってきた。
(水族館に行ったメモ:シリーズ その172)


奈良のミ・ナーラという商業ビルの中に金魚と忍者のテーマパークとして奈良祭都(ならさいと)というのが去年(2018年)に出来たそうだ。
ミュージアムというよりはアートアクアリウム展みたいなものを常設展示してる感じらしい。
続きを読む

WiFi機器の電波の強度のRSSIの値が、対数(dBm)の場合と0~100%の場合があって紛らわしい (FlashAirでちょっと悩んだ)

WiFi機器の電波の強度のRSSIの値が、対数の場合と0~100%の場合があって紛らわしい。

Windows 10で、ノートPCなどのWiFi機能を内蔵している場合、コマンドラインから
netsh wlan show all
と入力することで、WiFiの状態を調べることができ、周囲にあるWiFiのアクセスポイントの情報も得ることができる。
この場合、それぞれのアクセスポイントの電波の強度がパーセント表示されている。

このように周囲のWiFiのアクセスポイントを情報を調べた場合、電波の強度はRSSIという値として得られる。

RSSIとして表示される値というのは実装によって異なるらしい。基本的には数字が大きい方が強い電波の受信強度を表すようになっているものらしい。
RSSIについて – IBS Japan
続きを読む

WordPressのblogにLeafletプラグインを使って国土地理院の地図を貼り付ける方法を試した

WordPressのblogにLeafletプラグインを使って国土地理院の地図を貼り付ける方法を試した。

基本的なLeafletプラグインの記述については、昨日のblogエントリを参照のこと。
WordPressのblogにLeafletプラグインを使ってOpenStreetMapの地図を貼り付ける方法を試した

例えば、次のように1行だけblogに記述すれば地図が埋め込まれて表示される。標準地図の地図タイルデータだ。
[leaflet-map height=480 address=”名古屋駅” zoom=14 zoomcontrol=1 attribution=”地理院タイル” tileurl=”https://cyberjapandata.gsi.go.jp/xyz/std/{z}/{x}/{y}.png”]


(Google Mapsに比べると、ちょっと表示されるのに時間が掛かったりする。)

ちょうど今月号(2019年4月号)のインターフェース誌が国土地理院の地図などの特集をしている。

Interface(インターフェース) 2019年 04 月号
続きを読む

WordPressのblogにLeafletプラグインを使ってOpenStreetMapの地図を貼り付ける方法を試した

WordPressのblogにLeafletプラグインを使ってOpenStreetMapの地図を貼り付ける方法を試した。

今まではblogに地図を貼り付ける時にはGoogleMapsを使っていた。
他のユーザーとマップやルートを共有する – パソコン – マップ ヘルプ

この方法で貼り付ける場合には、特にAPI Keyとかを取得しなくてもよいのだが、地図の表示のカスタマイズなど凝ったことができない。

代わりに利用できるOpenな地図データや地図APIとしては、OpenStreetMapなどがある。
Javascriptのコードを書いて地図を埋め込むこともできるのだが、簡単に地図を埋め込むにはWordPressのプラグインでLeafletプラグインを使うのが簡単だ。

例えば、次のように1行だけblogに記述すれば地図が埋め込まれて表示される。(プラグインをインストールしておくこと)

[leaflet-map height=480 address=”名古屋駅” zoom=17 zoomcontrol=1 attribution=”(C)OpenStreetMap contributors” tileurl=”http://{s}.tile.openstreetmap.org/{z}/{x}/{y}.png”]


(Google Mapsに比べると、ちょっと表示されるのに時間が掛かったりする。)
続きを読む

FlashAirで周囲のWiFiのアクセスポイントのログを取って歩いて、GoogleのGeolocation APIで緯度経度を求めた結果を地図にプロットしてみた

FlashAirで周囲のWiFiのアクセスポイントのログを取って歩いて、GoogleのGeolocation APIで緯度経度を求めた結果を地図にプロットしてみた。
前に書いた「FlashAirで、周囲のWiFiのアクセスポイントを検索して、そのログを取るソフトを作ってみた」という話の続きだ。

名古屋の大須の電気街の招き猫広場からスタートして、反時計回りに第一アメ横ビルの周辺の道を回って一周して歩きながらログを取ってみた。
そうやって取得したログ情報から、GoogleのGeolocation APIで緯度経度を求めた結果、このようになった。





名古屋の大須の地図の上に、縦長の四角形を描くように地図マーカーが並んでいる。
左下がスタート地点の招き猫広場だ。
そこから約30秒毎にログが記録されている。
ほぼ一定の速度で歩いたのだが、マーカーは等間隔になっていない。これはGeolocationの精度が出なくて位置がずれているためだ。
GPSほどの精度は出なくて20メートル~100メートルくらいのずれが生じているようだ。

大まかに位置が記録できるロガーになりそうだ。FlashAirが薄っぺらいので、薄くて小型なロガーを作るというのができそうだ。
使い道としては、ちょっと思いつかないのだが、ポケットに入れておけば大雑把に一日の行動が記録できるだろう。あと、小包とかを送るときに中にロガーを仕込んでおけば送られた経路とかを調べられそうだ。
続きを読む