カテゴリー別アーカイブ: PC

Windows PCでPythonを使うには – その1 – Windows版Python

Windows PCでPythonを使うには、どのようにするのがよいのだろうか?

Windows版のPythonというのがあり、公式のpython.orgが配布している。
このあたりにインストール方法の記事がある。
windows 32bit環境へのpython2.7インストール – Qiita

64bit版を使う場合とか、Python3系を使う場合には少し手順を変更する必要があるが基本的には一緒だ。

「c:\Python27\」といったフォルダーに実行ファイルがインストールされるので、pathを通して使う。インストーラーがpathの設定もしてくれるみたいだ。

インストール後は、cmd.exeなどのコマンドラインからpythonと打てば使うことができる。

しかし、前に何だったか忘れたが他のフリーソフトを動かすために必要だったので64bit版Windowsで64bit版のpythonを入れた時にはうまく動かず、64bit版Windowsなのに32bit版のPythonを入れ直したりしたことがある。

pythonのバージョンの問題だけでなく、32bit版か64bit版といった違いの互換性まで意識して使わないといけないのだと、ちょっと困る。(ひょっとして今は大丈夫になっているのかなあ。)

pythonだけ入れたとしても、例えばpipやその他のpythonと組み合わせて使ういろいろなソフトや定番ライブラリが動かせない。
機械学習のTensorFlowなども動かせないので、自分の場合にはそういう用途でpythonを動かしたいので困る。
Windows版Pythonをそのままインストールして使うというのはあまりお薦めではないようだ。


追記
Windows版Pythonでもpipを使ってJupyterをインストールして使ったりはできるらしい。
Windowsにpython3とJupyter Notebook(旧 ipython notebook)をインストールする – Qiita
あと、bashはGit for Windowsのものを使うといいのだとか。

Pythonを使うための環境は何を使うのが良いのだろうか

Pythonを使うための環境は何を使うのが良いのだろうか?

何をやりたいのか用途によって、その答えは変わるのだろう。

とりあえず、自分の場合、
(1) 機械学習の勉強でTensorFlowを弄ってみるのにPythonを使ってみる。
(2) Raspberry Piで何か動かすのにPythonを使う。
(3) iPad用のPython環境のPythonistaを使って、何か作ってみる。
といったことをやりたいと考えている。
続きを読む

PlayStation VR (PSVR)を手に入れた (PCに繋いで使えないだろうか)

PlayStation VR (PSVR)を手に入れた。
hackされてPCで使えるようになったりするのだろうか?
あと、PSVRから改造して信号をうまく取り出して他のVR HMDでPS4のゲームで遊んだりできないだろうか、などと考えている。
rimg0002
PlayStation VR PlayStation Camera同梱版(Amazon)
続きを読む

Windows10のbash/Ubuntu機能がカスペルスキーと干渉しているらしい

Windows10のbash/Ubuntu機能がカスペルスキーと干渉しているらしい。

Windows10のbash/Ubuntu機能を入れて使っていたのとは別のPCにも入れて使ってみようとしたのだが、ちょっとトラブルが発生した。

普通に入れたあと、初回の起動時にユーザー名とパスワードの設定の直後に処理がフリーズしてしまって、一晩様子を見ても処理が刺さったままだったのでPCを再起動した。
そのあと、bashを起動したのだけど、初期設定でコケてからどうも調子が悪い。
ユーザー名に対応する/home/userというのが作られておらず、rootで立ち上がっている。とりあえず手動でsuコマンドでユーザーを変更したりはできる。
問題なのは、apt-getで何かソフトを入れるのが失敗するということだ。
ubuntuのサイトにうまく繋がってないような挙動だ。apt-get updateで更新すればいいのかと試してみても、この処理でもコケてしまう。
続きを読む

Windows10のInsider Previewを元に戻せなくて困った

Windows10のInsider Previewを元に戻せなくて困った。

Windows10で、Bash/Ubuntuを先に試そうとInsider PreviewにしていたPCがあったのだけど、そのPreview版のOSの期限が10月初で切れてしまうようだ。
「このWindowsビルドは間もなく期限切れになります お使いのWindowsは2016/10/01に期限切れになります。期限が切れると、PCは数時間ごとに再起動されます。詳しくはオンラインで確認してください。」という表示が出た。PC起動時にこの警告が出て何事かと思った。
rimg0002
続きを読む

Zoffのブルーライト低減メガネの新しいものを作ってみた (新旧比較もしてみた)

Zoffのブルーライト低減メガネの新しいものを作ってみた。

最初に出た旧世代のものを作っていたのだけど、何年かのうちに近眼の度が進んできたので診断して貰ってレンズを作り直しに行ってきた。
近眼も少しだけ進んでいたが、どちらかというと老眼が出てきているのが問題で、PC作業とかの近くを見る場合と、車の運転など外で少し遠くを見る場合とでメガネを使い分ける必要が出てきたのだった。
古いメガネのレンズだけ作り直すつもりだったのだけど、最近はブルーライト低減メガネのレンズの性能が良くなっているというのを聞いたので、一式作り直すことにした。(車の運転用のメガネと合わせて2つ新調した)

結果、旧世代のブルーライト低減メガネと、新しいブルーライト低減メガネがある。
rimg0001
写真の左が旧世代で、右が新しいものだ。フレームは一緒のものだ。

青色レーザーを出力するレーザーポインターでテストして新旧の比較をしてみる。
続きを読む

Embarcadero C++(無料)を試してみた

Embacardero C++ Builderという統合環境開発ソフトがある。期間限定で無料で配布されたりしていたが、基本的には有償のソフトだ。

上記のソフトに使われているC/C++コンパイラの基本部分だけは、無料で配布されている。
エンバカデロ、Windows向けの新しい無料のC++コンパイラをリリース
エンバカデロ、C++言語標準に準拠した「Embarcadero C++ Compiler」の無償提供を開始 – 窓の杜

LLVM/Clangベースのコンパイラだ。
続きを読む

Embarcadero C++ Builder Starter(無料)を試してみた

昔、Borland C++ BuilderというC++の開発環境のソフトが出ていた。
今はBorlandはEmbarcadero(エンバカデロ)と社名を変えて存続しているらしい
(追記 – 社名変更では無くて、Embacarderoに買収されて吸収されたということらしい)

無料のC++コンパイラのみの配布をしていたのは知っていたが、
さらに最近、C++ Builderを期間限定で無料で出している。
Embarcadero、CC++統合開発環境「C++Builder Starter」を期間限定で無償公開 – 窓の杜

(追記 – 無期限で配布になったようだ。)

ダウンロードしてライセンス登録し、試してみた。
続きを読む