カテゴリー別アーカイブ: camera

高倍率望ズームのデジカメ「COOLPIX P900」を手に入れた

高倍率ズームのデジカメ「COOLPIX P900」を手に入れた。

なんと、83倍という高倍率の望遠機能を搭載している。
ニコン COOLPIX P900:望遠の撮り試し – YouTube
品薄でなかなか手に入らなくて駄目元でAmazonに注文を入れておいたのが最近やっと届いた。試しに色々と試してみている。
Rimg0003
Nikon デジタルカメラ COOLPIX P900 光学83倍 1605万画素 ブラック P900BK(Amazon)
続きを読む

THETAの全天周画像から風景を見回すアニメーションGIFのサムネイル作成ソフトを作ってる

THETAの全天周画像から風景を見回すアニメーションGIFのサムネイル作成ソフトを作ってる。

THETAで撮影した元のJPEGデータはこういう円筒座標の画像になっている。
R0010006

サムネイル作成ソフトで作ったGIFアニメ-ションのファイルは、こんな感じだ。
output

まだこのソフトは作っている途中なので、処理が遅くて、連番のJPEGファイルを出力するだけで、GIFアニメ化は別のソフトになっている。

ニーズがあるなら仕上げてソースコードも含めて公開しようと思うのだけど、どうなんだろう?


追記
公開した。
全天球撮影用カメラ「THETA」用のサムネイル画像をアニメーションGIFで生成する

ボールを使わずにボール型の入力デバイス(空中トラックボールのようなもの)を作るのは可能だろうか?

ボール型の入力デバイス(空中トラックボールのようなもの)を画像処理で作るのは可能だろうか?
というのを昨日考えていた。
ボール型のLEDマーカーやボール型のARマーカーというのを使う方法だ。

そういうボールを使わずに、エア空中トラックボールのようなものを作ることができないだろうかというのを思いついた。
Leap MotionとかRealSenseなど、手のジェスチャーを入力する3D深度カメラデバイスというがあり、これを使えば手にボールを持たなくても、ボールを持っているようなジェスチャーをするだけで入力ができるのではないかと思った。
忍者漫画のNARUTOの螺旋丸みたいなジェスチャーで、空中に球をイメージして手を動かす。
その仮想の球を手で動かすジェスチャーをしたときの球の動きを、手の形や向きの変化から逆算してトラックボールの入力のようにして使うことができないだろうか?

ボール型の入力デバイスを画像処理で作るのは可能だろうか?

ボール型の入力デバイス(空中トラックボールのようなもの)を画像処理で作るのは可能だろうか?

前に、LEDボールを使って画像処理で位置検出みたいなことを考えていた。
Rimg0001
位置だけでなく、回転させた方向と回転量も検出できないだろうか?
続きを読む

昔、iPhone用のボール型遠隔シャッターデバイスがあった

昔、iPhone用のボール型遠隔シャッターデバイスがあった。
iPhone3GSからiPhone4に買い替える前の3GSを使っていた頃に購入したのだった。
Rimg0001
●ロワ/ROWA 【アプリ不要】各社スマホ のiOS Android 通用新型 遠隔操作 Bluetooth 無線 ワイヤレス リモート シャッター 【グリーン】(Amazon)
続きを読む

RICOH THETAの中のmicroSDカード交換用の筐体穴空け位置

RICOH THETAの中のmicroSDカード交換用の筐体穴空けをした位置について記録を一応残しておく。
Rimg0004
注意点として、初代THETAとTHETA m15ではmicroSDソケット部品の位置が少し異なるので穴空け位置も異なるというのがある。
それを知らなくて自分はTHETA m15の穴空け時に中の基板に傷をつけて故障させてしまった
続きを読む