小型PC「GPD WIN」をちょっとだけ分解してみた

小型PC「GPD WIN」をちょっとだけ分解してみた。
rimg0011
バッテリー容量とかWiFiモジュールとかが気になったので。

まず背面の見えている6つのネジを外す。

そうすると、キーボードの面のところを外すことができるようになる。
爪で嵌まっているので、スマートフォン分解用の樹脂のツールで1つずつ爪を外していく。
rimg0002
rimg0003
rimg0004
rimg0005
rimg0006

爪を全部外すと、キーボード部分が外れる。ケーブルが繋がっているので千切ってしまわないように注意する。
rimg0007

バッテリーは6700mAhと書いてある。大丈夫そうだ。(容量詐称がなければ)
rimg0008
もしバッテリーが劣化したら、交換も容易にできそうだ。

WiFiモジュールは、基板の上にモジュールが貼り付いている。BGAだろうか。取れそうにない。技適ありのモジュールに交換するのは無理そうだ。
rimg0010

ここまでチェックして、この先は分解をせず、組み立てて元に戻した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

4 × = 36