自動もやしマシーンを使って大豆もやしを作ってみる

自動もやしマシーンを使って大豆もやしを作ってみる。
他に、イージースプラウトというキットなども試したのだがうまくいっていない

自動もやしマシーンは、豆芽機などと検索すると見つけられるマシンだ。
日本ではこのマシンは売ってないみたいなので、海外のネットオークションで手に入れた。
rimg0028

このように円筒の容器と、ザル部分と、水を上に送るポンプとスプリンクラーでできている。
rimg0024

自動で水を汲み上げて、スプリンクラーで水を撒いてくれる。
水まきのタイミングや水量は、タイマーなどで制御されているようだ。
rimg0025

しかし、発芽の割合がどうも低くて発芽しない大豆が腐ってきてしまう。
rimg0039
rimg0046

下部の容器の水も、毎日取り替えるのだけど悪臭がひどい。
rimg0048
rimg0049
少しだけちゃんと育った物を拾い出して洗ってみたが、匂いが取れない。
食べるのはあきらめた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

× 3 = 27