フルーチェを自作してみる (コーヒーベリーのフルーチェなど)

フルーチェを自作してみる。

デイリーポータルZでそんなネタが出ていた。参考にする。
フルーチェ20種類を自作した – デイリーポータルZ:@nifty

材料のLMペクチンを買ってきた。

しかし、何か使い方を間違っているのか、どうもうまくフルーチェが作れない。

このタイプのものはペクチンとグラニュー糖が既に配合済みで、あとは水に溶いて加熱すればゼリーのように固まるらしい。

水に溶いて、電子レンジで加熱し、ペクチン液を作った。

成分無調整の牛乳に混ぜたのだけど、細い糸状のゼリーみたいな塊ができるだけで、フルーチェのようなムース状に固まってくれない。

粉のペクチンを使うのは一旦あきらめて、できあいのプレーンなムースベースというのを買ってみた。

牛乳とムースベース(プレーン)だけのプレーンなフルーチェを作ってみたのだが、完全にプレーンな味ではなく、なにか香料とか入っているみたいで、チェリーのような杏仁豆腐のような何かフルーツっぽい味がする。
プレーンのムースベースのはずなのだけど、残念ながら完全なプレーン味ではないようだ。

(写真はイメージです)

コーヒーベリーというコーヒーの果実部分のフルーツを使ったフルーチェを作ってみる。
生のコーヒーベリーが手に入らないので、コーヒーベリー粉末を使った。(コーヒーベリー酒を作ったときに使った粉末だ)

牛乳にコーヒーベリー粉末を溶かして、ムースベースを加えて軽く撹拌する。

冷やして完成。
食べてみた。

コーヒーっぽい味とチェリーっぽい味が混ざった不思議な味のフルーチェになった。

あと、コーヒーのお酒のカルーアのフルーチェというのも作ってみる。

牛乳とカールアを混ぜて、カルーアミルクを作り、ムースベースを混合してフルーチェ風のムースを作ってみた。

カルーアミルクの味で、アルコールも入った少し大人の味のデザートができた。
しかし、ムースベース自体のフルーツっぽい風味が混ざってしまってちょっとだけ残念な感じだ。

完全にプレーンな味のムースベースが売っていたらよかったのになあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

23 + = 32