ツタンカーメンえんどう豆の豆苗を栽培してみる

ツタンカーメンえんどう豆の豆苗を栽培してみる。

2017年6月11日。
種まき。ツタンカーメンの豆と呼ばれる紫えんどうの種だ。
スプラウト栽培用にいつもの材料を用意する。100円ショップの温野菜カゴとキッチンペーパーを使う。

大和農園 ツタンカーメンのエンドウ豆 小袋(8,0ml)(Amazon)

種を半日ほど水に浸したあと、温野菜カゴに敷いたキッチンペーパーの上に種を撒く。カゴの中のペーパーが湿るように水を入れる。水は毎日交換する。

2017年6月15日。
4日くらいで発芽した。

2017年6月17日。
少し成長。

西側の窓の近くのため光が足らないみたいなので、白色LEDスタンドで光を当てる。

2017年6月18日。
LED光を当てた効果か1日でだいぶ成長した。

2017年6月21日。
さらに少し成長した。少なめだけど、もうじき豆苗を収穫できそうだ。

2017年6月24日。約2週間経過した。
少ないのだけど、収穫する。

収穫後は、また伸びてくるので栽培を続ける。

収穫したツタンカーメン豆苗は、豆苗肉野菜炒めにして食べた。


味は特にクセとか無く、普通の豆苗と同じだ。


追記

スプラウト用の種子ではないものを使ったので、種子に農薬/薬剤が掛かっているかもしれないので、本来は食用ではない。
少量だし、種子そのものではなく芽の部分だけ食べるだけなので、あまり気にせず食べた。
気になる場合には、収穫後にそのまま乾燥させただけの種子を入手するといいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

9 + = 18