相生山緑地に行ってきた(野鳥撮影)

相生山緑地に野鳥撮影に行ってきた。

名古屋市天白区の相生山という小さな山(台地)が緑地公園になっている。その中のオアシスの森に行ってみた。

地下鉄相生山駅から一番近いのが相生口という入口なのだけど、場所がよく分からなくて迷っていたら山根口という入口に着いた。

地図を見ると、いのちの谷という場所に鳥のマークがあるので、行ってみる。

梅の植えてある場所を通過。たぶん梅林の小径という場所らしい。緑地の中の入りやすい場所は、こんな風に人の手が入った感じになっている。

先に進むと、森の中の道になるので、まっすぐ入っていく。

しばらく行くと、木で出来た道と、森の中の細い小径に分岐していた。

森の中の小径が多分いのちの谷の方向なので、そちらに行ってみる。

フェンスで区切られた区画がある。

建設が中止になった高架道路の橋脚らしい。

このあたりで黄緑色の小鳥が3羽くらい目の前の木の枝に飛んできてとまって、しばらくして飛び去った。
撮影しようとしたのだが、急だったので撮影できなかった。

上空をときどき野鳥が飛んでいたりする。

谷になっているこのあたりは蚊がかなり多くて大変だった。対策の虫除けスプレーとか持ってくればよかったのかもしれない。

細い小径から少し大きな道に出た。

少し先にまた小径があったのだけど、散策路としては適してないみたいで変更になったということらしい。
地図にのってなくて、どの道のことなのかよくわからない。

一旦、木で出来た道のところまで引き返して、森の中心部に向かう。
ところどころ大きな分岐には案内表示があるのだけど、案内表示のない小さな分岐が沢山あって迷う。森に入っている人が小さな分岐に入って手入れとかしているのかもしれない。

小さな広場に出たが、これは見晴らしの丘ではないみたいだ。つどいの広場だろうか。ベンチでちょっと休憩。

その先少し行くと、分岐が沢山ある場所に出た。

ここが、見晴らしの丘らしい。全然見晴らしができないのだけど。

地図に鳥のマークのある散策路に行ってみる。

道なのか怪しい小径を抜けていく。

木がまばらになった林のあたりで道がわかりにくくなっている。
目印っぽいものがあったが、かなり分かりにくい。このあたりは野鳥は全然居なかった。

進んでいったらちょっと広い道に出たのだけど、どこだか分からない。迷子になってしまった。

とりあえず出た道の右の方向に進んでみる。

人工的な池っぽい場所に着いた。トンボ池らしい。

池の近くには森の入口/出口があった。菅田口という場所のようだ。

たぶん竹林の小径を通って、低木の小径を通ってきたのだろう? ちょっと距離感が実感とあっていなくて竹林の小径のあたりをワープでもして通りすぎてしまったように感じる。狐にばかされたような気分だ。

野辺の小径という道を通って山根口に戻る。小径といっても、結構広い。

道の脇には畑があったりする。

あと竹林っぽいあたりには竹炭つくりの場所がある。

森の中に何ヶ所か堆肥を貯めているみたいな場所があったのだけど、どうやらカブトムシを育てているらしい。

無事に山根口に戻ってきた。

あとから相生口にも行ってみた。

全然公園として整備されていないけどそれなりに人が入っているという森だった。
結局野鳥の写真は全然撮れなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

+ 11 = 21