OpenCV 3.3をWindows PCで動かしてみた

OpenCV 3.3をWindows PCで動かしてみた。

まず、バイナリのパッケージをダウンロードする。
実行ファイル(.exe)を実行すると、フォルダを指定して必要なファイルが展開(解凍)される。

フォルダ内には、sourcesフォルダとbuildフォルダという2つのサブフォルダがあり、後者はサンプルのソースコードが入っていて、後者にはライブラリのバイナリが入っている。

sources/samples/cpp/example_cmake/example.cppというサンプルコードを動かしてみる。
cmakeは特に使わないで、make用のMakefileを書いた。

作業フォルダにexample.cppをコピーする。
次のようなMakefile.txtというファイルを作った。

TARGET = example.exe
OBJS = example.obj
LIBS = kernel32.lib user32.lib gdi32.lib shell32.lib advapi32.lib ole32.lib oleaut32.lib \
				comdlg32.lib comctl32.lib vfw32.lib
CVLIBS = opencv_world330.lib
CFLAGS = /c /EHsc  /I.\\
LFLAGS = /out:$(TARGET) 

all : $(TARGET)

$(TARGET): $(OBJS)
	link $(LFLAGS) $(OBJS) $(LIBS) $(CVLIBS)

.cpp.obj:
	cl $(CFLAGS) $<

clean:
	del *.obj *.pdb $(TARGET).pdb $(TARGET).exe

ライブラリと必要なヘッダファイルの置き場所は、example.cppと同じ場所に指定した。
(違う場所にする場合、CVLIBSとCFLAGSを修正すること)

ライブラリの.libファイルと.dllファイルをコピーする。
場所は、build/x64/vc14/bin/と、build/x64/vc14/lib/にある。
なので、build/x64/vc14/bin/opencv_world330.dllとbuild/x64/vc14/lib/opencv_world330.libを、example.cppと同じフォルダにコピーした。

あと、openCVを使うのに必要なヘッダファイルもコピーした。
(コピーするのは容量の無駄なのだけど、とりあえず気にしない。)
場所は、build/include/にある。
build/include/opencv/と、build/include/opencv2/のフォルダごと全部コピーする。

あとは、コンパイルするだけだが、それに必要な手順をbuild_vc14_64bit.baというのバッチファイルに書いた。

@echo off
echo set environment for VC++ 2015 (VC14.0)
call "C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\vcvarsall.bat" x64

echo building...
nmake -f Makefile.txt
del *.obj *.pdb

このbuild_vc14_64bit.batを実行すると、問題がなければexample.cppがコンパイルされて、example.exeが生成される。


無事、動作確認できた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

79 + = 84