安価な掃除ロボットAIM-RC02を手に入れたので、分解してみた

安価な掃除ロボットAIM-RC02を手に入れたので、分解してみた。

ツカモトエイム ロボットクリーナー ネオ AIM-RC02(Amazon)

分解や改造の目的で安い掃除ロボットを探して、上記のものがAmazonで中古品が安く売っているのを見つけた。(2780円だった)

早速分解してみた。

制御用の基板はこんな感じのCPUが載っている。

14ピンだ。
LAN(eLAN)というロゴの部品なのだが、どこのメーカーだろうか?
(追記 – ELAN Microelectoronicsという台湾のメーカーらしい。ここのEM78P153Kというマイコンぽい。)

基板の反対側の面は、半田面っぽいのだが、表面実装部品が載っている。ICはモーター用のブリッジドライバとかだろうか?


補足

制御している内容としては、
・左右の走行用モーター (正転と逆転)
・吸引用モーター
・ゴミ掻き出しブラシ用のモーター
・バンパー用のセンサー
・段差検知用のセンサー左右
・ブザー
・充電の検知
・充電状態のLED点滅表示
で、12本のI/Oピンが使われているのだと思う。

14ピンのCPUの、2本は電源用なので、残り12本の足がこれらの機能に対応しているのだと思われる。
(追記 – CPUのクロックの発振用にR,Cを繋いでいるピンがあり、I/Oピンは11本しか使えないようだ。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

+ 9 = 15