簡易焚き火台を自作してみた

簡易焚き火台を自作してみた。


自作したというほどのものではなくて、アルミの折り畳みテーブルにステンレスのトレーを乗せただけだったりする。

大きめのステンレスのトレーを100円ショップで3枚ほど買ってきた。

アルミテーブルの上にトレーを乗せて、実際に焚き火をしてみる。

うまく焚き火ができた。

燃え終わったら後はトレーが冷めるのを待って、灰捨て場まで持って行って中の灰を捨てて片付け終了だ。

焚き火のあとのアルミのテーブルは少し焦げ目がついてしまった。一応大丈夫そうな気がする。

メッシュ式の市販の焚き火台も買って持っているのだが、メッシュ式のほうがよく燃焼して燃え残りも少ない。
しかしメッシュ式の焚き火台だと剛性がないので五徳を置いて調理器具とかを使うことができない。

こちらのアルミテーブルとステンレストレーを使う場合には、こういう五徳を使うことができる。
キャンプ用バーナーで大きな鍋を使うための五徳(ごとく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

9 + 1 =