楽天モバイルのRakuten UNLIMIT SIMを使うために、安いAndroid機の白ロムを探して、arrows M04を手に入れた

楽天モバイルのRakuten UNLIMIT SIMを使うために、安いAndroid機の白ロムを探して、arrows M04を手に入れた。

楽天のモバイルルーターとSIMのセットを入手していたのだが、モバイルルーターでなくスマートフォンにSIMを挿して使おうと思った。
最初は手持ちのOPPO Realme Qに挿して使ってみていたのだが、設定を変えても所々に中国語の表示が出てきて、ちょっと使いづらい感じだったので、別の安いAndroid機を探すことにしたのだった。

大須のイオシスとかGEOとかで探したのだが、あまり安い機種が無かった。
そもそも楽天で使える機種があまり出回っていない。
楽天モバイルの使用している電波のバンドに対応している機種というのが少ない(?)というのが原因だ。公式でリストアップされている機種が少なすぎる。

Rakuten Miniという機種の中古は割と見かけたのだが、この端末はeSIMのみで、物理SIMがさせない機種だ。

iPhoneだと、iPhone X(XS,XR)以降の機種だと一応は使えるらしい
iPhone8は、iOSのバージョンが古いものは使えたらしいのだが、今は使えなくなってしまっているそうだ。

楽天モバイルの使用している電波のバンドは、LTEのBand3というバンドなので、このバンドに対応している機種ならOKかというと、そう単純でもないらしい。
楽天モバイルで電話(通話)をするためには、LTEのBand3だけでは駄目で、次のいずれかの条件を満たす必要がある。
・その機種がVoLTEというLTEで音声を使うための拡張機能に対応していること。
・楽天のパートナー回線のau(KDDI)のBand18に対応していること。(3G)
・楽天LINKという通話アプリがインストールできて動作すること。

条件のうちBand18には対応していないのだが使えるっぽいので、arrows M04の白ロムを手に入れた。
楽天市場で、楽天モバイルの契約時に貰ったポイントを使って出費無しで済んだ。


arrows M04は、auのBand18に対応していないが、VoLTEには対応している機種なので、問題なく使うことができた。
一応は、楽天LINKアプリも入れておいた。
auのパートナー回線は使うことができないので楽天のエリア外とかに出ると困ることになるみたいだが、とりあえず自分の主な行動範囲(名古屋市内)では問題なさそうだ。
データ通信についてはAPNを手動設定した。問題無く使うことができている。
テザリングについても特に問題なく使えているので、モバイルルーターはもう使わないだろう。


ちゃんと楽天の電波を拾えているかどうかは、チェック用のアプリをインストールして調べた。
楽天が公式でもチェックアプリを出すらしいのだが、まだ出ていない。
その代わり幾つかフリーのアプリが出ている。

こんな感じだ。

楽天回線状況チェッカーというアプリは、表示内容が多くて詳しく状況が分かる。

あと、楽天エリアチェッカーというアプリは、回線をチェックして、ステータスバーの左上に表示を出してくれるので親切だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

2 + = 3