フライパンとゴムハンマーで餅つきをしてみた

フライパンとゴムハンマーで餅つきをしてみた。
rimg0004
大五郎 ゴムハンマー 1P (1ポンド)(Amazon)

まず、もち米を炊飯器で炊く。
rimg0003

おにぎり2個分くらいをしゃもじでフライパンに入れる。
ゴムハンマーにはサランラップを巻いておく。
rimg0006

最初は弱く叩いて、ごはん粒がくっついてかたまりになって飛び散らない状態までつく。
そのあとは叩いて平たくなった餅をしゃもじで真ん中にあつめて、再度叩く。
数回繰り返すと、餅のできあがりだ。
rimg0007

タッパーに保管。正月に雑煮にして食べる用だ。
rimg0008

2合分のもち米を炊いたのだけど、3回に分けて餅つきをした。
3回目にはサランラップが破れてきてしまった。2回ほどで取り替えた方がよさそうだ。

茨城県の水戸で買って来た納豆をつきたての餅にからめて食べた。
rimg0009
rimg0011


100円ショップで購入した安いフライパンだが、ゴムハンマーで餅を叩いていただけで凹んでしまった。使い捨てするつもりで購入したフライパンなのだけど、思ったより耐久性が無かった。
rimg0002

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

69 − = 66