iガラコとG1000を試してみた

iガラコとG1000を試してみた。

中華Windowsタブレットにiガラコを塗ってみたけど、もともとコーティングがちゃんとしていたので良くなったという感じはしなかった。
Rimg0002
KING JIM タッチパネルコーティング剤「iガラコ」 オレンジ GC10オレ(Amazon)

前にIconiaTab W500に、POLYMAR G1000というコーティング剤を試したことがある。
しかし、少しは良くなったのだけど、やはりある程度指紋は付くので不満だった。
今度は試しにIconiaTab W500にiガラコを試してみた。
Rimg0017
あまりPYKYMAR G500と変わらない感じだった。
指紋が多少は付くにくくなる程度だけど、拭き取りやすくはなっている。
それでも素のiPad mini Retinaと同程度くらいになっている感じだ。

ちなみにPOLYMAR G1000は、ガラス繊維系ケイ素ポリマーで、成分:ケイ素樹脂,フッ素樹脂。
iガラコは、成分:フッ素系溶剤,フッ素化合物
となっている。
Rimg0001

POLYMAR G1000のほうが安いし量が多い。


コーティング剤 超撥水性能を装備したガラス繊維系コーティング剤・お試し版ポリマーG1000・500ml(Amazon)

iガラコとG1000を試してみた」への2件のフィードバック

    1. kako 投稿作成者

      acerは中華タブレットではありません。台湾です。というコメントがありましたが、

      このblogエントリーの冒頭でiガラコを塗っているのはAcer IconiaTab W500ではなく、間違いなく中華タブレットです。
      写真をよく見るとAcerのロゴとか無いのに気がついて頂けるのではないかと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

42 + = 47