しだみ古墳群ミュージアムに行ってきた

しだみ古墳群ミュージアムに行ってきた。

4月1日にオープンということなので、瀬戸の陶芸体験の焼き物を取りに行くついでに行ってみた。

志段味は、名古屋市の北東部の守山区のさらに北東部にある。この地区は何十年か昔は東春日井郡だったそうだ。
志段味の北側は春日井市で、南側は尾張旭市、東側は瀬戸市になっている。最寄り駅はJR高蔵寺駅だ。
今回は4/1に瀬戸まで原付で出掛けて、そのあと瀬戸から志段味に来た。(前日はオープニングイベントとかやっていたようだ。)

道路の案内看板があまり出ていないので、ちょっと道に迷いつつ到着。


見学する。

入口を入ると大きなシアターになっていて、しだみ古墳群について分かりやすい説明ビデオが映写される。

展示物は古墳の出土品など。




埴輪づくりの解説のコーナー。




他にも収蔵品が倉庫にある。ガラス窓からちょっとのぞけるようになっている。

後の方の時代の古墳のコーナー。







家にあそびにおいでよのコーナー。






一通り展示を見学した。

2Fも見学する。こちらは無料で入れる場所だ。

こどもこふんという遊び場がある。

体験学習教室がある。

埴輪づくりや勾玉づくりなどをやっている。

2Fの出口から外に出て、古墳群を見に行く。

小さい古墳はちょっと土が盛り上がっているだけで見応えがない。

ちょっと大きめの古墳のところに来た。


上に上がれるようになっている。


このあたりの古墳群は公園のような感じで、ミュージアムから入らなくても周囲から普通に入れる。

他の地区にも古墳がある。

ミュージアムに来るときに勝手塚古墳に間違って行ってしまっていた。



隣に建物があったので何かの展示をしている建物かと思ったら、ただの公民館だった。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

14 − = 7