電気圧力鍋で無水カレーを作ってみた

電気圧力鍋で無水カレーを作ってみた。

トマトと鳥肉のカレーだ。

材料は、トマト2個、にんじん1本、タマネギ1個、鶏肉1パック、カレールーだ。

水分が出やすいトマトなどから順に切って鍋に入れていく。

カレールーは、1箱の半分から少し減らして3切れ分を入れた。足らなければあとで足せばいい。

加圧タイマーを30分にセットして、加熱した。
加圧調理後、内部の蒸気が自然に抜けてピンが下がるまで10分ほど放置した。

蓋を開けると、こんな感じ。かなり水分が出ている。

かき混ぜてカレールーを溶かす。

トマトのうま味と酸味が効いているさっぱりしたカレーだ。美味しい。


実は、これを作る前に1度失敗している。

トマトを使わずに、じゃがいも、にんじん、たまねぎで作るのを試してみた。

たまねぎ2個。

にんじん2本。

じゃがいも小2個。

豚こま肉。カレールー1箱の半分(4切れ)。

加圧調理タイマーを30分にセットした。

途中で密閉する弁が持ち上がって、蒸気が漏れてしまっているのに気がついた。15分くらい経過していた。あとで思えば、妙にカレーの匂いがするので変だった。

水分が鍋のなかにほとんど残っていない。

鍋の半分くらいまで水を足して、再度30分の加圧調理タイマーをセットした。

混ぜてカレールーを溶かして完成。いちおうリカバーできた。
水を足したので無水カレーでは無くなってしまったが。

この水分量だとカレールーが多すぎてカレーの粘度が高すぎてどろどろだ。

味もカレーが濃すぎてちょっとバランスが悪い。
カレールーの量は、少し少なめにして煮て、最後に足して調節するという方法で作るのがよさそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.