部屋の片付けとか化学物質過敏症対策2022 – その11

まだタバコ受動喫煙症の後遺症の化学物質過敏症が治っていないし、元住んでいた部屋から避難して生活を続けている。
しかし、避難先の生活でも他の部屋からの香水とか煙草らしき汚染物質が漏れてきているらしく、化学物質過敏症の症状が出ているのだがそれに耐えつつ対策や療養をしている。

過敏症の症状は、外に出かけて香水やタバコの汚染のある場所に長い時間滞在したり、特に濃い汚染を漂わせている人が近くに来たりしたときだけ、症状が出るのだが、それ以外は割と平気になってきている。

避難先の今の部屋の中の汚染対策も、完全ではないのだが割とうまく低減できているらしく、月の半分くらいは汚染を感じずに済んでいる。そして、残りのほとんどの日は軽い症状だけで済んでいる。

避難する前に住んでいた元の部屋についても、同じように対策をすれば、また住めるようになるのかもしれないと考えている。

あと、部屋の片付けを少しずつ進めているのだが、あまり進捗がはかばかしくない。
引越しするくらいの勢いで片付けをしようと思う。

原付ミニカーを処分しようとしている件も、登録していたときの書類とかが見つからなくて部屋の片付けをしながら探しているのだが、まだ見つかっていない。
諦めて書類の再発行をしないと駄目なのかもしれない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

61 + = 71