CASIOのBluetoothスマートウォッチSTB-1000が、修理後のiPad mini2に繋がらなかった

CASIOのBluetoothスマートウォッチSTB-1000が、修理後のiPad mini2に繋がらなかった。

iPad mini2(iPad mini Retina)のバッテリーが劣化してしまったので、最近修理に出して、新品に交換になった

修理(交換)した後の新しいiPad mini2が、CASIOのBluetoothスマートウォッチSTB-1000に繋がらないという問題に気がついた。
Rimg0003

新しいiPad mini2は、スマートウォッチSTB-1000にペアリング情報が記録されていたiPad mini2とはID情報とかが変わってしまったため、別の本体として登録しなおさなければならないようだ。気がついてみれば、当たり前の話だった。

やり方は、公式サイトに載っている。2台目の登録方法の手順で出来た。
時計と携帯電話のペアリング(相互登録) – ペアリングと接続状態の確認 – STB-1000 – 取扱説明書 – サポート – CASIO

交換前の古いiPad mini2は、もう手元にないのでSTB-1000に登録されているペアリング情報は削除してしまっても構わない。

削除方法は少し分かりにくかった。
モバイルリンク情報の表示 – モバイルリンク機能のセットアップ – STB-1000 – 取扱説明書 – サポート – CASIO
最初にSETUPモードにしてから操作するのね。

1番目に登録されたペアリング情報は削除された。
しかし、2番目に登録しなおした情報が繰り上がって1番目には来ないようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

60 − = 59