ipod touch 5Gがハマグリ化したので自前でバッテリー修理しようとして失敗した (その2)

ipod touch 5Gがハマグリ化したので自前でバッテリー修理しようとして失敗したという話の続き。

ホームボタンが千切れてしまったので、スペアパーツを探して購入した。
rimg0002
iPod Touch 5 ライトニングコネクタ(lightning)イヤホン・ホームボタン フレキシブルケーブル

iPod touch 5Gを再度分解していく。
rimg0006
上の方のWiFiアンテナ(?)の部品を固定しているネジが細すぎて手持ちのドライバーでは外せなかった。
仕方が無いので注意してメイン基板を持ち上げて作業する。
rimg0007
rimg0008

メイン基板にくっついていた元のフレキパーツを外した。
rimg0009
粘着テープ+半田でくっついたらしく、粘着テープを剥がすときに半田付けされた部分に力が掛かってしまって、メイン基板のパターンを剥がしてしまった。
致命的だ。

もう手遅れなのだが、ホームボタンが千切れたのを修理するならフレキパーツの上記の写真の接合部分から配線を細い線で引っ張り出してホームボタンのボタン部品の根元までバイパスして結合してやったら直せていたかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

+ 21 = 24