キャンプ用のアルコールバーナーを手に入れた

キャンプ用のアルコールバーナーを手に入れた。
小型アルコールランプを試していたのだけど、ちょっと火力が弱いので、大きめのアルコールバーナーを買ってみた。

屋外 サバイバル キャンプ クッキング トランギア アルコール バーナー スピリット ストーブ(Amazon)

フタをした状態で小型に携帯できる。

フタを空けると、2重のカップ状になっていて、縁の部分に20個の小さな穴があいている。

鍋を置くための五徳が必要なので、いろいろと探してみている。
古道具屋で手に入れた陶器の五徳がちょうど良さそうだが、キャンプに持って行くには重いし、割れそうなので向いていない。

折り畳み式の小さい五徳もAmazonで買ってみたのだが、小さすぎて高さが足りず、使えない。

横に2つ置いて使えば鍋を置けそうな気がするが、さしあたり1個しか持っていない。

とりあえず、前にキャンプ用ガスバーナーで使うために買った五徳を試してみる。

アルコールバーナーの説明書がないので、とりあえずアルコール燃料を入れて火を付けてみた。
まず中心部分のアルコールに引火して炎が上がる。

バーナーの筐体が熱で暖まってくると、周辺の20個の小さな穴からもアルコールの蒸気が出て引火して大きな炎を発生した。

アルコールランプよりも炎が大きいのでキャンプでの煮炊きに使えそうだ。


試しに使い捨てアルミ鍋付きの鍋焼きうどんを調理してみた。

まずはアルミ鍋でお湯を沸かす。

ちょっと鍋とアルコールバーナーの距離が離れすぎているようだ。
大きな五徳を使うのをやめて、小さい高さ調節機構付きの焼き網を五徳代わりに使う。

お湯が沸いたので、パックされたうどんを空けて軽く茹でてほぐす。

スープ(味噌)を入れて溶かし、生卵を割り入れてひと煮立ちさせて火から下ろす。

トッピングの揚げ玉を乗せて、完成。

無事、アルコールバーナーで調理できた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.