ミニカーT-10Gのパンク修理の話

ミニカーT-10Gのパンク修理でちょっと困った。
ある日、右前輪の空気が抜けているのに気がついた。パンクのようだった。
オートバックスでパンク修理を依頼したのだけど、できないということで断られてしまった。
理由は、バイク用のタイヤなので対応できないし、ピットにも入らないからとのこと。
ガソリンスタンドなどでも同様に断られた。
空気を入れても2週間くらいで抜けてしまう状態だった。

購入した岡崎の自動車屋に連絡して、なんとかそこまで乗っていって、パンク修理をして貰った。
20150213_104334

釘とか異物は刺さっていなくて、原因はよく分からなかった。
空気が抜けていたのはタイヤとホイールの境目の部分だったので、そこに修理剤を塗ってもらう形のパンク修理になった。
空気が抜けてきた状態で走行してしまったときに、タイヤのその部分が痛んだのかもしれない。
だとすると、最初に空気が抜けた原因が分からない。
とりあえず、しばらくは直ったのかどうか様子見する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.