落として割ってしまったiPhone 6sを、自分で修理してみた

落として割ってしまったiPhone 6sを、自分で修理してみた。

iPhoneを自分で修理するための部品は、Amazonで安く売っているみたいだ。ガラスのみは1000円で、ガラスと液晶がくっついて一体になっている部品だと2000円~2500円くらいだ。バッテリー交換もするので、分解して一緒に両方とも交換をする。

まず、液晶を交換してみたが、結構大変だった。

購入した交換用の液晶は上の写真の左側の赤い保護シートの貼ってある部品だ。液晶と保護ガラスが一体になっている。
液晶パネル以外のホームボタン(指紋センサー)、スピーカー、インカメラ、タッチ検出用の静電センサーなどの部品を移植する作業がかなり面倒だ。

とりあえず、液晶の周辺部品を組み付け終わったら、次はバッテリー交換をする。

バッテリー交換は、iPhone 5sの時にやったことがあるので、楽勝だった。

あとは普通に組み立てた。ネジが1本余ってしまった。

Amazonで安く売っていた液晶部品と交換してみたのだが、どうも液晶の発色が悪いし信号が漏れているみたいな縦縞のゴーストみたいなノイズが表示に出てくる。

目立つときには、この写真のようになる。普段はここまで目立たないが。

安い交換液晶を選んだのは、失敗だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.